機関リポジトリとオープンアクセス
機関リポジトリとは
  大学等が所属者の研究成果を保存・発信する文献公開のプラットフォームを作り、所属の研究者へ提供しているサービスです。
オープンアクセスとは
   インターネット上で誰もが無償で論文などの学術情報を利用できるようにすることです。これは、情報アクセスの平等が推進され、研究成果の共有と再利用が進むことで、さらに学際的な研究やイノベーションの創出を促進し、その成果を社会に還元するという波及効果があります。
[背景]
   学術雑誌の価格高騰をきっかけに、研究者が必要な情報を入手できない状況が世界で大きな問題となり、この解決方法として「オープンアクセス」という新たな学術情報の流通モデルが生まれたと言われています。

[動向]
科学技術基本計画

国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会

学術情報のオープン化の推進について(審議まとめ)

[方法]
   研究成果・論文をオープンアクセスにする方法は主に2つあります。
  ①ゴールドOA(オープンアクセス出版)

     APC(論文投稿料)を支払う等により、ジャーナルのオープンアクセスオプションを選択し、論文を出版と同時にオープンアクセスにします。

  ②グリーンOA(セルフアーカイブ)

     大学等が構築・運用する機関リポジトリ等で論文をオープンアクセスにします(ジャーナルによって公開条件が付く場合があります)。

     本学所属者は、「北見工業大学学術機関リポジトリ(KIT-R)」に論文を登録することができます。